おいわいのし

和の伝統をGreenFlashらしいデザインで伝えつなぐ

紙に携わる仕事を通して出会う伝統を伝えつないでいきたいという思いで立ち上げたブランド。 相手に心を伝えるシーンにふさわしい「本物」を、さりげなく、そして楽しく添えるご提案。

「贈り物」の伝統を伝える。贈る相手を思いやる、提案。

かつて日本では贈り物をするときに、相手を思いやる心を込めて、のした鮑を添える習慣がありました。今では印刷が大半ですが、本来の熨斗鮑を模して作られた和紙の「熨斗」が存在します。「おいわいのし」は紙に深く関わりを持つ私たちが、こうした贈り物の伝統やその技術を伝えていきたいと考え作ったブランド。本物であることにこだわりながら現代の生活に取り入れやすいデザインを提案します。

柄やモチーフの持つ本来の意味を贈り物に添える

伝統的な柄やモチーフが本来持つ意味合いを活かしながら、デザインステーショナリーとしてのエンターテインメント性をいかに保つか。受け取る方に心地良さを与えられるよう、無機質過ぎず華美過ぎない絶妙なバランスを徹底的に追求しています。

今、GreenFlashだからできるデザイン。

日本の伝統やしきたりに込められた意味合いを知る者として、それらを、今、そしてこれからの未来を生きる人々に伝え広めていきたい。私たちは心からそう思っています。まずは気軽に本物を使っていただけるよう、GreenFlashのデザインの特長である、スタイリッシュでありながら、可愛くてときめくデザインに乗せて、日本の文化を発信していきます。