学生アート作品・商品化への総選挙

応募作品詳細

Small things

京都芸術大学 情報デザイン学科
田中楓輝さんの作品

表紙 Front

裏表紙 Back

twitter
 
facebook
 
instagram

作家からのメッセージ・作品への想い
Message from artist

この作品はドットを使って製作しました。ドットで描くことにより物はすべて小さいことや物からできているというメッセージをもたせました。一見、ノートという何もできなさそうな狭い紙の集まりですが、そんな狭く小さな世界からも使い手によってはなんでもできてしまいます。可能性は無限大です。そのことを様々な色のグラデーションを使い「人」で表現しました。ノートは「人」がいて初めて真価を発揮します。そしてこのノートから始まった物語は私たち人々に大きな繋がりをも見せてくれます。

This work was made using dots. By drawing with dots, I added the message that all things are small and made of things. At first glance, a notebook is a small collection of paper that seems like nothing can be done, but even from such a small world, you can do anything depending on the user. The possibilities are endless. I expressed that with "people" using gradations of various colors. Notebooks are only really useful when they have people. And the story that started from this note shows us a great connection.

Este trabajo se realizó utilizando puntos. Al dibujar con puntos, agregué el mensaje de que todas las cosas son pequeñas y están hechas de cosas. A primera vista, un cuaderno es una pequeña colección de papel que parece que no se puede hacer nada, pero incluso desde un mundo tan pequeño, puede hacer cualquier cosa dependiendo del usuario. Las posibilidades son infinitas. Expresé eso con "personas" usando gradaciones de varios colores. Los cuadernos solo son realmente útiles cuando tienen personas. Y la historia que comenzó con esta nota nos muestra una gran conexión.

这项工作是使用点进行的。 通过点画,我添加了一条信息,即所有事物都是很小的,都是由事物组成的。 乍一看,笔记本是一小撮纸,似乎什么也做不了,但是即使在如此狭小的世界中,您也可以根据用户进行任何操作。 可能性是无止境。 我用各种颜色的渐变来表达“人物”。 笔记本只有在有人的情况下才真正有用。 从本笔记开始的故事向我们展示了一个很好的联系。


EggnWorksは発売されたらどんなノートになる?
What kind of notebook will EggnWorks be when it is released?

投票数:5

投票する

投票数:5

投票する