学生アート作品・商品化への総選挙

応募作品詳細

One day is One story

桑沢デザイン研究所 総合デザイン科
永山 太晴さんの作品

表紙 Front

裏表紙 Back

twitter
 
facebook
 
instagram

作家からのメッセージ・作品への想い
Message from artist

ノートの始まりと終わりにカバーがくるという点に着目し制作しました。そのため表と裏とでは何か変化をもたせたいと考え、ノートを一日の始まりと終わりに見立てデザインしました。一日が終わる時、少なからず朝より何かを得ているはずで、朝より退化する事はあり得ません。このノートも使い切る時、きっと使う前よりも何かを学び、そして成長してる事と思います。かけがえのない成長をシンプルなデザインで陰ながら見守る、そんな手帳にしたいと思いデザインしました。

I focused on the fact that the cover comes at the beginning and end of the notebook. So I wanted to make a difference between the front and the back, and designed the notebooks at the beginning and end of the day. At the end of the day, you should have gained something more than the morning, and will never degenerate in the morning. When you use up this notebook, you will learn and grow more than before. I designed it to be a notebook that keeps track of irreplaceable growth while keeping it simple with a simple design.


EggnWorksは発売されたらどんなノートになる?
What kind of notebook will EggnWorks be when it is released?

投票数:3

投票する

投票数:3

投票する