学生アート作品・商品化への総選挙

応募作品詳細

Electric notebook

都立総合工科高等学校 情報デザイン科
児島慶人さんの作品

表紙 Front

裏表紙 Back

twitter
 
facebook
 
instagram

作家からのメッセージ・作品への想い
Message from artist

この作品は電子回路をベースとし、
蛍光色を用いてノートであることを
主張したものとなっています。
蛍光色が光のように広がって見えるのも
一つのポイントです。
表と裏を対照的な色なすることで、
派手さと大人しさを分けています。
また、色は身近な蛍光ペンの赤黄緑の色
を採用しています。

This work is based on electronic circuits,
That it is a notebook using fluorescent colors
It has been claimed.
The fluorescent color spreads like light
This is one point.
By contrasting the front and back colors,
It is divided into flashiness and adulthood.
In addition, the color is the red yellow green color of the familiar fluorescent pen
Is adopted.

Este trabajo se basa en circuitos electrónicos,
Que es un cuaderno con colores fluorescentes
Ha sido reclamado.
El color fluorescente se extiende como la luz.
Este es un punto.
Al contrastar los colores frontal y posterior,
Se divide en ostentación y adultez.
Además, el color es el color rojo amarillo verde de la pluma fluorescente familiar
Es adoptado.

这项工作基于电子电路,
这是使用荧光色的笔记本
已被要求。
荧光色像光一样散开
这是一点。
通过对比正面和背面的颜色,
它分为浮华和成年。
另外,颜色是熟悉的荧光笔的红黄绿色
被采用。


EggnWorksは発売されたらどんなノートになる?
What kind of notebook will EggnWorks be when it is released?

投票数:2

投票する

投票数:2

投票する